医師の非常勤、雇用形態や常勤との違いに着目

医師として働く際、求人に「常勤」と「非常勤」と雇用形態があります。常勤は1つの病院に専属の医師として勤めることになりますが、一方の非常勤はどのような待遇かご存じですか?

また常勤と非常勤、どちらのほうがメリットは多いのかも気になるところですよね。では、まず始めに非常勤の形態雇用について説明したいと思います。

非常勤とは、簡単にいえば常勤医師のサポート役のような役割を果たしています。勤務時間は週30時間程度とアバウトですが、書類上の取り決めがないのでそれ以上もしくは、それ以下になることもあります。非常勤の医師で複数の病院を掛け持ちしている方も多く、1つの分野だけで働いている医師もいれば逆に違う分野で勉強として診察を行っている医師もいます。1つの分野に捕らわれず、多くの分野の勉強を志したい…という方におススメな雇用形態です。

しかし、常勤に比べると待遇はあまり良いものではありません。例えばボーナスや社会保険の制度のことを考えたら、やはり常勤のほうがしっかりとしています。この点に関しては、人それぞれ違うのでどちらが良いとは断言することは出来ません。

常勤医師はサポートがしっかりとしている分、抱える責任も大きいですし、当直をした際の手当てに関しても、非常勤のほうが倍近く支払われることもあります。

この時点で医師として働くなら常勤と非常勤、どちらのほうに魅力を感じたでしょうか?どちらもそれぞれ魅力的ではありますが、患者側からすれば信頼できるのは常に病院にいてくれる常勤医師ですよね。

得、損を考えればキリはありませんが、やりがいや患者のことなどを考えながら選んでみれば答えも出やすいかもしれません。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。