病院を開業するには

医師が病院を開業するというのは、大学病院で教授になるように大変魅力的な将来の展望の一つです。開業医になりますと、勤務医と違い自分で自分の病院を経営して診療することになりますし、自分で自分の好きな診療スタイルで病院を運営することができます。

もちろん大学病院のように、最先端の治療に触れることからは遠ざかってしまいますが、勉強会に参加することはできます。また、なによりも勤務医のような大変ハードな労働スケジュールのなかで働く必要がありません。さらに、自分で病院を経営するので、勤務医よりも収入はよくなります。
自分で病院を経営する能力のあるだいたいの医師は開業医になることを望みます。しかし、病院を自分で開業するというのは簡単なことではありません。
まず、最初に多額の資金が必要になります。開業しても、経営がうまくいかなければ多額の借金を背負うだけになってしまいます。そこで、まず明確な開業の意思が大切です。なぜ開業したいのか、またどのような診療をしていきたいのか、最初に明らかにしておきましょう。
さらにきちんとした開業コンサルタントに相談し、正しい物件選びや資金調達が必要になります。病院を開業する物件は、他の病院と競合がなく、ある程度の患者の見込みのある場所を選ばなくてはなりません。しっかりとした下調べをしましょう。
また、効果的な広告をうつことも大切になります。開業後の経営方法も病院の成功を大きく左右します。開業というのは様々な知識やきちんとした協力者があって初めてできるもので、それらを得て開業を成功させていく必要があります。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。