ドクターが転職するタイミング

転職エージェントの人の話を総合してみると、ドクターは3~4回程度平均して転職する傾向があるといいます。
ところで、ドクターはどのタイミングで転職を考えるものなのでしょうか?
転職のタイミングとして多いといわれているのは、医局を辞めるときです。

医局を辞めるタイミングは、医局にいることがメリットとして受けられるタイミングといわれています。
後期も含めた研修をすべて終わって、医学博士の称号を取った時が一つのタイミングになります。
その他には、専門医の資格を取得した時に医局を辞めようと考える人は多いようです。

最初のうちは、研修医として勉強をしていかないといけません。
しかし、経験を積むことで、一人前の医師になったと確信するときが必ずやってきます。
この時が医局の辞め時、すなわち転職の頃合いと考えているドクターは多いようです。

会社の場合上司に相談をして、退職をすることになるはずです。
この時多少の慰留はあるでしょうが、こちらの意思が固ければ、割と退職を認めてくれます。

しかし、医局の場合には辞めることは簡単なことではありません。
というのも、医局は人数が多い方がいいからです。
つまり、医局を辞められるのは、教授にとってはマイナスのことになるのでとにかく慰留されるのです。

医局を辞めて転職しようと思っているドクターはいないでしょうか?
もしそうであれば、少し長期戦になるくらいの覚悟がないと押し切られる可能性もあります。
特に地方の医局勤務をしている場合には、かなり慰留される可能性がありますので注意しましょう。

医師の転職先の探し方」の他の記事を読む

快適な医局で仕事をするには特性を知った上での調査が必要
1.医局とは医師の待機所・控室の事も指す 〈待機所、控室としての医局〉 この場合の医局とは、大学病院などで教授を中心とした人事組織の事をいうのでは無く、各病院に少なくとも一つは存在している医師の待機所...すべて読む
病院の医局の状況も転職先選択に重要な要素
1.転職目的の達成と転職先での働きやすさとは別問題 〈転職の目的と転職先の職場の働きやすさとのギャップは一般の転職でもよくある重要な点〉 転職を考えていらっしゃる先生方には、様々な目的をお持ちになった...すべて読む
af0100037564l
医師の労働環境の改善に向けて
日本の医師の過酷な労働環境 現在転職を考えているほとんどの医師の方が『転職サイト』に登録をしているかとは思いますが、現在、転職サイトは無数に存在しており、先生方の労働環境を改善することを目標として転職...すべて読む

108記事の「 医師の転職先の探し方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。