病理医の求人の現状について

病理医とは他の科の医師のように大学の医学部医学科を卒業し、医師国家試験に合格して医師免許をもらった医師のことを言います。
基本的に病理医は患者を診察することはありません。患者から摘出された臓器などの一部を顕微鏡や肉眼で診断するのが主な業務になります。その他、診断してレポートを書いたり、手術で取り出した組織の解剖や手術中の迅速診断などを行うこともあります。病理医の求人事例として、募集科目は病理診断科となり病理診断や病理解剖などの業務を任されます。病理医がいなくては医療が成り立たないと言え必要不可欠な存在ともいえます。

しかし、外科医や内科医と違い病理医という存在を知っている患者は少なく、まだまだ知名度が低いと言えます。

医師不足が社会現象化している現在ですが、病理医の求人数はそれほど多くはありません。病理医は専門医の資格を取得していることが大前提であり、病理医の資格を取るだけでもかなりの時間、労力を必要とする専門医なのです。したがって、専門医として認定されている医師の数は大変少ないのが現状なのです。

病理医が行う病理診断は最も確実性の高い診断方法だと言われています。そのため、各医療機関では病理医は欠かせない存在であり、他の診療科の医師から様々な相談を受けることも多いのです。病理医が覚えておく知識として、生物学や解剖学、生理学などの科目は欠かせません。さらに、多くの科の医師から相談を受けることが多いため、病理医は外科や内科の医師が当然習得している知識やより多くの診療科の知識を習得しておく必要があるのです。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。