臨床の泌尿器科とは

臨床とは、英語のclinicを意味しており、医療に関わらず、教育などの分野において、カウンセリングなどを行うことを意味するようです。

臨床の泌尿器科とは、この場合、医療においての、泌尿器科におけるカウンセリングなどを行う場と理解できましょう。尚、泌尿器科は最近では一般市民においてもなじみのある科となりましたが、どのような事を専門としている科でしょうか。
簡単に説明してしまえば、尿やそれに関連する性器、泌尿生殖器とも言いますが、そのあたりの外科を中心として診察する科です。

そういった点では、男女関係なく診察できるかというと、女性には産婦人科や婦人科が存在するため、多くの泌尿器科は男性患者が中心のようです。
ので、それをどのように区別していくかははっきりとしていません。臨床の泌尿器科としては、こういった性器の病気を含めてカウンセリングなどを行うものと理解できます。

腎臓や膀胱、前立腺といった場所も泌尿器科においては診察を行う対象となる場所ですが、主に性病を扱う科であるように思われます。この感染症は、最初の治療がとても重要になってきます。尚、女性に多い病気の一つである尿漏れ(尿失禁)もこの泌尿器科における、診療治療を必要とする病気です。一般市民にとって、泌尿器科は少しばかりハードルの高い専門科であるように思えます。最初に内科にかかる方が多いかとは思いますが、できるだけ、症状によっては、初めから泌尿器科を受診されることを勧めます。

最近泌尿器科は、一昔前に比べると増えてきています。迷った折には、受診されることをすすめます。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。