胃腸科の医師とは?

胃腸科は、胃潰瘍や胃炎のように胃や小腸や大腸などの消化管に関する病気の診断や治療する診療科の事です。
消化器科と標榜はされていますが胃や腸のみではなく、肝臓や胆のうや胆管他にもすい臓などに起こる病気を診察や治療します。

胃腸科に関係する病気の可能性があるものは胸やけや胃もたれや吐き気や食欲不振他にも胃痛や腹痛や便秘や下痢や血便などさまざまな疾患があります。胃腸科で主に扱われる疾患は、食道炎や食道ガンや胃炎や胃潰瘍他にも胃がんや十二指腸潰瘍や急性肝炎など他にもたくさん疾患があります。

そんなたくさんの数え切れない病気がある胃腸科の医師は日本の消化管学会において胃腸科認定医制度が規定されました。この制度は胃腸の病気に関してたくさんの知識や上を行く診療技術がある医師の育成する事を目的に定められました。医師の育成だけでなく日本国民の健康と福祉のために有能な医師の育成が必要という事です。

認定医に認定をしてもらうための申請をする事が出来る人は条件があります。それは、日本国の医師免許証を持っている人や日本消化管学会の会員で申請をした時に続けて3年以上学会の会員でないといけません。そして、申請の書類を決められた期日までに学会理事長に提出して完了となります。認定医は資格を取得出来たらずっと持っていられない場合もあります。

資格を持っている本人がやめた時や日本消化管学会会員の資格を失くした時、申請された書類に虚や偽りが認められた時、決められた期日までに認定の更新を申請しなかった時や認定医としてふさわしくない、不適切な行為があった時は認定医としての資格はなくなります。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。