民間医師と公務員医師の違い

医師によって、就業先は様々です。中には民間病院に勤務している医師の方もたくさんいるでしょう。
その他には、公立病院で仕事をしている医師もたくさんいます。公立病院で仕事をすれば、公務員扱いになります。
これが、公民の医師の格差につながっているといわれています。

というのも、公立病院に勤務している医師の年収を見てみると、平均して1500万円前後になるといわれています。
一方民間病院で勤務をしている医師の平均年収を見てみると、1100万円前後になるといわれています。
これだけでも、かなりの差があることがお分かりになるはずです。

さらに国立病院になると、さらに厚遇される傾向があります。
国立病院で勤務している医師の場合、国家公務員扱いになります。
このため、ヒラの医師の平均年収でも1400万前後になるといわれています。
もし医長に抜擢でもされれば、1600万円程度の年収を稼ぐこともできるといわれています。

さらに公民の医師の差は、年収だけでなく福利厚生の部分でもはっきりとしています。
公務員の医師の場合、住宅を貸与してもらえます。
この公務員住宅は、家賃もかなり安く設定されているので、家賃コストをかなり圧縮することが可能です。

その他には、いろいろな種類の手当がついてくるところも魅力です。
地域手当は公立病院の医師についてくることが多いですが、民間病院ではめったについてくることはないはずです。
また、リタイアした時には、退職積立金が支給されます。
退職金はかなり多いですし、年金も一般と比較して多めにもらえるので、セカンドライフも充実したものとなります。

医師の働き方」の他の記事を読む

healthcare and medicine: doctors shaking hands
転勤する勤務医の実状
医局に所属している医師としていない医師 病院で勤労している勤務医の先生方は大きく2つに分類することができます。医局に所属している医師と医局に所属していない医師です。医局とは大学病院の教授を筆頭とし、そ...すべて読む
医師
知られざる医師の実態
医師はどれだけ働いているのか 先生方の医師という職業は一般的に、高給取り、人々の病気を治す仕事というイメージのみが先行し、細かな事情について詳しい人はそれほど多くいません。労働条件が良いというイメージ...すべて読む
JU141_72A
医師という職業の未来はどうなるか
転職を考えているのなら 我々医師転職ドットコムでは、先生の専門としている知識や技術を必要としている医療機関を独自のネットワークから調査し、先生方に提供することができます。先生に負担がかかりすぎないよう...すべて読む

142記事の「 医師の働き方 」の記事を読む

転職支援サービスに申し込む
医師転職ドットコムが提供するお役立ちコンテンツ
医師の転職活動のノウハウ満載! 他の先生の転職事例やよくある質問集など、多彩な情報を提供しております。
納得のいく医師転職を実現した300人の医師の体験談をご紹介しています。
産業医、専門医取得、高額年収など人気のテーマ別特集。転職市場動向や転職成功者の声、転職理由など、なかなか聞くことのできない医師の転職に関わるホンネを分析します。
医師転職ドットコムのサービスをはじめてご利用いただく医師へ向けて、当社サービスを詳しくご紹介しております。